健康に効果的な水を安全に摂取できるウォーターサーバーの導入が増えている背景には、健康への強い意識が関係しています。

水道水ではできない、水を選べるウォーターサーバー

少しずつ普及しているウォーターサーバーですが、扱う会社も増えている現在、初めてウォーターサーバーの導入を検討している人は、どういったポイントで選べばよいかわからないという人も少なくありません。もし、ウォーターサーバー導入の理由が健康を気遣いたいというものであれば、選ぶ際のポイントとして水を選べるサービスを選択することが挙げられます。ウォーターサーバーでは、機械にボトルを設置して使用します。そのウォーターサーバーに設置するボトルに入れられている水を、何種類かの中から選ぶサービスを行っている会社もあります。

一言に水と言っても、その種類は多く、味や特徴もそれぞれ異なります。有名なものに、天然水とRO水があります。天然水とは、安全に飲むために施す処理の段階で、あまり多くの手を加えず濾過・沈殿・加熱殺菌のみを行い、できるだけ自然のものに近い味で飲むことができる水をいいます。天然水に含まれるミネラルの種類や量によって味が変わるため、天然水の場合はその土地の名前もつけられることも多くあります。

RO水とは、より安全にこだわって作られた水のことを言います。処理の段階でより細かいレベルで不純物やウイルスだけではなく、有害物質なども除去するため、限りなく安全な状態で摂取することができます。